読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚弁護士、住宅ローン徹底マニュアル

離婚弁護士、住宅ローンでお悩みの方に

離婚後に住宅が競売にかかってしまうってどういうこと?

基礎知識

f:id:higarhi43:20160609184007j:plain

競売はだめなの?

離婚後住宅ローンの残っている自宅に住み続け何とかローンの返済を行っていたが苦しくなり滞納してしまったということは決して珍しいことではありません。 住宅ローンの滞納が続いてしまうと滞納した段階から銀行からはどのようにしたら良いのかの通知が来ますが、これにも応えることなくそのまま滞納を続けてしまうと最終的には一括返済を求められます。 といっても苦しい状況ですから一括返済などできるわけもなく強制的に住宅は競売にかけられることになります。 こうなると現在住んでいるということは関係なく競売にかけられ安く競り落とされてしまうというのが流れとなってきます。 もちろん競売にかけられれば相手の都合で退去する日も決められてしまいますし、競売で住宅が売れたとしても安くなっていることが多いですから住宅ローンの残金をまかなうことができるようなことは難しくなってしまいます。 つまり自宅をなくし、住宅ローンも残ってしまうということが多くなります。 できれば競売になる前に手を打つようにした方がよいでしょう。

競売にならないために

住宅ローンの残っている家を競売にかけられてしまうようなことがないようにするためにはどのようにしたらよいのでしょうか。 理想的な方法としては、その前に任意売却するという方法でしょう。 もちろん競売が決まってからでは任意売却にしたいといってもそれは難しくなってしまいますから、競売にまで行く前に決断する必要があります。 住宅ローンの返済が苦しいといってもせっかく手にいれた家を売ってしまうということには抵抗を感じてしまうのも無理のないことではあります。 でも任意売却であれば競売よりも高く売ることができる可能性が高いですし売却してまだ住宅ローンが残っていても銀行でもその辺りは交渉して無理なく返済することができるような方法を検討してくれます。 また、任意売却であればこちらの都合で退去日なども決めることができますから、次の住宅などを見つけてから安心して引っ越すことができます。 競売になる前にということでは滞納をしたらすぐにでも銀行に現在の状況を相談して話を進めるようにした方がよいでしょう。 いくら未練があってもその後ずっとローンに苦しむことが良いこととは言えませんから、決断することも大事なことになります。

(参考にしたサイト:離婚競売

離婚後残った住宅ローンはどうなるの?

基礎知識

f:id:higarhi43:20160609183837j:plain

住宅ローンの変更はできるの?

離婚後に残った住宅ローンはどうしたらよいのでしょうか? 名義人が家を出て行くということもありますし、また、連帯保証人になっていたり、連帯債務者となっていたりすると大きな問題となってきます。 離婚を機会に連帯保証人を外れたり、また夫がローンの名義人となっていたけど夫が家を出ることになったといった場合に、住宅ローンの名義人を妻に変更したりすることができるのか心配です。 これは簡単には、変更することができません。 住宅ローンは夫婦間での決め事ということではなく銀行などとの契約となりますから、銀行の方で許可を出さないと変更することなどできません。 まずは銀行などに相談してみることが必要となってくるのですが、銀行の方では簡単には、変更を許してくれることができないので、最初から変更を考えるのではなく、他の方法を検討しておいた方がよいでしょう。

離婚後の住宅ローンどうしたらいいの?

離婚後の住宅ローンに関してはいくつかの方法がありますが、しっかり考えて行うようにしないと後で痛い目にあうこともあるので気をつけましょう。 離婚を決めると1日でも早くということもありますが、心機一転気持ちよく生活を始めるためにはとても重要なことになってきます。 では、実際にどういった方法があるのかですが、最も簡単な方法となってくるのが夫が住宅ローンの名義人となっており、夫が家を出て行くという場合に、そのままの状態で妻が家に残り夫が残りのローンの支払いを行うという方法になります。 でも、この方法は最もリスクが高い方法ともなっており、住宅ローンでは基本的にその家に住んでいるということが条件となってくるので、これは銀行との契約違反となってきます。 そのためもしもその事実が銀行側にわかってしまうと契約違反ということで一括での支払いを求められたりそれができないような場合には、家を出なければならないということにもなりかねません。 余り安易に考えてはいけないということですね。 他にも方法はありますが、最も理想的な方法となってくるのが、折角購入した家ではありますが離婚を機に売却するという方法です。 これであれば住宅ローンにその後苦しむこおともなくまた、連帯保証人などからも開放されます。 売却したお金を分配し、住宅ローンの方も分配してしまえば後腐れなく後でトラブルとなることもなく一番すっきりする方法でしょう。

(参考にしたサイト:離婚住宅ローン残債

慰謝料は弁護士にお願いした方がいいの?

f:id:higarhi43:20160609183618j:plain

慰謝料は不倫の時だけ?

離婚の際の慰謝料というとなんとなく相手が不倫など行った際に発生するというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。 しかし、慰謝料といっても不倫だけが理由とはなりません、他にも暴力、悪意、協力義務違反や性生活での問題などもあります。 そもそも慰謝料は相手の行為によって離婚しなければならない常態となった際に被ってします精神的苦痛などに対して行う損害賠償のことになりますから不倫だけが対象となってくるわけではありません。 どうしても不倫の際にということが多くなってきてはいますが、暴力や暴言など精神的に虐げられたことなども発生の十分な理由となってきますから弁護士に相談してみるのもよいでしょう。 もちろんこういったことはそれぞれに言い分が出てきますから、簡単にこういったことが原因だからこれ位の慰謝料を欲しいという単純にいくことは少ないでしょう。 離婚調停や時には裁判にまでいってようやく決着することができるということもありますが、いずれにしても優位になるためには弁護士の存在はとても重要なことになってきます。

慰謝料はどのくらいもらえるの?

離婚では、いろいろと問題がありますが、中でも気になるのは慰謝料ということもあるでしょう。 慰謝料の額はどのくらいになるのか、これはその後の生活にも影響してくることとにありますから気にならないはずがないでしょう。 といっても養育費などはある程度決まったものがありますが、慰謝料に関してはいくらという決まりがあるわけでもありませんからそれぞれのケースによってまったくちがったものとなってきます。 大体のところで言うと100~300万円程度ということになってきますが、原因や苦痛の度合いなどによって違ったものとなってきます。 その都度様々な要因を考慮した上で決まることになります。 有名芸能人などはとても大きな額の慰謝料などが発表されたりすることもあり、そういった金額をイメージする人も多いのかもしれませんが、実際にはそれほど大きな額になるということはめったにあることではありません。 この辺りも弁護士とよく相談してどのくらいが適切なのかを決めた上で望むとよいでしょう。

(参考にしたサイト:慰謝料弁護士大阪

財産分与は弁護士にお願いした方がいいの?

基礎知識

f:id:higarhi43:20160526143453j:plain

財産分与ってあるのかな?

財産分与というと離婚の際に財産を分けることになりますが、場合によっては離婚を急いでしまうあまりもらうべきものをもらわずに居るということもありますから気をつけましょう。 離婚する際には婚姻正確の中で夫婦で協力して築いた財産を分けますが、この場合には均等に分けるということではなくそれぞれの貢献度に応じて分けるということになります。 貢献度に応じてというとなかなか難しい判断も必要となってきてしまいますが、例えば専業主婦であったという場合であっても家庭を守ってきたということなどがありますから、ここは堂々と要求を行った方がよいでしょう。 財産分与に関しては法律でもきちんと詠われているものとなりますから、遠慮することなく要求するようにしましょう。 たとえ1日でも早く離婚したいという場合であってもこれまでに築いてきたものは自分の貢献もあるものとなります。 ですから、まったく何もないということはないでしょう。

財産分与にはどのようなものがあるの?

財産分与といっても離婚の場合財産として考えられるものは大きく分けると3つあります。 生産的財産分与、扶養的財産分与、慰謝料的財産分与に分けることができ、生産的財産分与とは、婚姻中に築き上げたものを採算したものとなり、扶養的財産分与は、離婚することで困窮する相手の扶養のことになります。 また、慰謝料的財産分与は相手を傷つけたりした場合にそれに対する慰謝料という意味を含んだものとなってきます。 それぞれで配分に関しても違いが出てきますが、こういったことは簡単には判断することができないのが現実でしょう。 そこで必要となってくるのが弁護士ということになってきます。 弁護士はこういった面でのプロになりますから判断の難しい配分などもきちんと分けてもらうことができるでしょう。 もちろん調停や裁判でも弁護士が間に入ることでより適切な配分を行うことができるようになります。 なんとなくで配分してしまうと後でトラブルの原因となってしまうこともありますから、この辺りはきちんとしておいた方がよいでしょう。

(参考にしたサイト:財産分与弁護士大阪

離婚調停弁護士ってどんな時に必要?

基礎知識

f:id:higarhi43:20160609182745j:plain

離婚するときには弁護士が必要なの?

離婚調停弁護士というと離婚でも調停にまでいった場合になってきますから離婚調停で必要となってくる弁護士ということになります。 離婚で弁護士をお願いするというと以前であれば離婚調停でも決着をつけることができず裁判にまでいった際に必要なってくると考える人も多かったようですが、そなんなこともありません。 というのも離婚調停でもなかなか自分だけではうまくできないということが山のようにあるために専門家に間に入ってもらうことでよりスムーズに離婚に向けて進めることができるということがあるためです。 離婚調停ではそれぞれの言い分を調停人が聞き取りその上で結論を出すというのが簡単な構図となってきますが、こういった場に慣れているという人は少ないですからなかなか自分の思っていることとそのままに伝えることができないということも少なくありません。 間に弁護士が入ることで言い分をきちんと伝えることができることができ、希望や要求などを正確に伝えることができるということになります。 離婚調停といっても必ずしも弁護士を立てる必要はありませんが、場合によっては弁護士にお願いした方が良いことも少なくありません。 調停ということではなくても離婚に関して弁護士をお願いすることもできますし、お願いしなければならないということもありません。

調停離婚では弁護士をお願いした方がよい?

調停離婚というと近年では、弁護士に間に入ってもらうということが多くなっています。 まず離婚調停で決まったことは裁判で判決がでたのと同じように効力があるものとなってきますから、後で条件を変えることができるものでもありません。 つまり一度決まってしまったら取り返しが付かないということにもなります。 ただし、離婚調停では調停員の方と話を行うことになりますから、話が下手であったり、うまく自分の気持ちを話すことができないということもあります。 また、相手が話し上手であったりするとそちらに調停員の気持ちが偏ってしまうということもあります。 話すことは苦手ではないという場合であっても余計な話が多くなってしまったりして肝心のことをうまく伝えれら得ていないということもあるために希望を正しく伝えられないということもあります。 そういった場合には弁護士をお願いすることで的確に要望を伝えることができ有利に話を進めることができる可能性が高くなります。 自信がないという人は弁護士をお願いした方がよいでしょうし、相手が弁護士をお願いしたときにも準備した方がよいでしょう。

(参考にしたサイト:離婚調停弁護士大阪